エンタメ

渡辺直美アメリカの家の間取りは?場所はどこで家賃はいくら?

渡辺直美アメリカの家の間取りは?場所はどこで家賃はいくら?
Pocket

今回は、渡辺直美アメリカの家の間取りは?場所はどこで家賃はいくら?について調べました。

2021年4月に完全にアメリカへの移住を果たした渡辺直美さん。

8月21日に自身のYoutubeチャンネルで、ニューヨークの自宅で撮影した生配信が投稿されました。

背景には真っ白で、あまりにも広すぎるリビング!

――え、体育館?

――背景素材を合成してるのかと思った!

渡辺直美さんのアメリカの家の間取りはどうなっているのでしょう?

一体、場所はどこに住んでいて、家賃はいくらなんでしょうか?

私自身の個人的な推察も交えながら、ご紹介していきます。

 

渡辺直美アメリカの家の間取りは?


渡辺直美さんは2019年4月からNY生活を始められ、2020年3月に現在の家に引っ越されています。

つまり2021年8月にYouTubeで生配信していたお住まいこそが、渡辺直美さんが各所で話されているン億円の家……

――では、ありません!

実は、購入した家は現在デザイン中で、秋ごろからリフォームに入る予定なんだそうです。

なので、YouTubeの真っ白なお部屋は、リフォームが終わって引越しできるまで借りているお家なんだそう。

では、渡辺直美さんの最初のNYのお住まいと、現在のお家、購入したマンションについて詳しくみていきましょう。

 

2019年4月~2020年3月に住んでいた家の間取りは?

2019年4月、渡辺直美さんは公式ブログとInstagramでニューヨーク生活を始めたことを発表しました。

日本と海外の仕事を半々にし、1年間現地調査をしていた、といったところでしょうか。

2021年6月に投稿されたInstagramのストーリーズで、当時の住まいのボロボロさを振り返っていました。

エアコンは壊れていて水漏れする上に冷えないとか、10個ある電球のうち9個が消えていたとか。

悪夢もよく見るので「絶対おばけいたと思う」なんてコメントされていました。

上の階の子供の足音がうるさいと思った(から実際録音してみたら、自分のいびきの方がずっと煩かった)エピソードも投稿されています。

おそらく間取りや設備等にこだわった住まいではなく、荷物置き場と寝る場所の確保程度の役割だったのではないでしょうか。

とは言っても、後述する家賃予想から考えると、少なくともリビングの他にベットルームがもう一つあるタイプだったのではないかと推察します。

 

2020年3月~現在の住まいの間取りは?

現在のNYでのお住まいは、先述したように購入したマンションのリフォームが終わるまでの賃貸です。

Youtubeでも何度か生配信されており、あまりの広さに「田舎の体育館」とTwitterでは言われていたります。

天井もかなり高そうなので、言いえて妙な表現です。

あまりの広さに、室内でスケボーまで披露されていました!

動画から見える範囲内から推察すると、いわゆるジュニアフォーといわれる間取りに近そうです。

ジュニアフォーとは、ニューヨークで部屋探しをする場合の間取りの一つ。

広々としたリビング、ダイニング+ベッドルームがあるお部屋で、リビングとダイニングがL型になっています。

リビングとダイニングを区切って、ベッドルームを一つ追加できるタイプのお部屋です。

動画では広々としたリビングの奥の、曲がったお部屋にダイニングテーブルが置かれているのが見えますので、まさにL型!

ここがあまりにも豪華なお家なので、噂の購入したン億円の家がここだと勘違いされていることが多いようです。

2021年8月現在、渡辺直美さんはまだ日本にも居住地を残しておりますが、次回帰国したときに荷物をすべてこのNYの自宅に運び入れるつもりとのこと。

その後、購入した家のリフォームが済んだら、再び引っ越しをされる計画のようです。

 

2022年以降~に住む予定の購入した家の間取りは?

今一番話題になっているのは、渡辺直美さんがニューヨークに購入された家。

2021年8月現在に住われている家は、あくまで購入した家のリフォームが終わるまで借りているお家です。

購入マンションへの引っ越しは、リフォームが終わる予定の2022年とコメントされています。

そして、間取りについては渡辺直美さんが出演されていた番組から、下記の2つのことが分かっています。

  • 間取りは2LDK+ホームオフィス
  • 2021年5月現在、広めの2LDKを改装中

ホームオフィスは、デスクワークができる部屋とのこと。

「小っちゃいんですけど」発言されていましたが……もはや「小さい」の基準がどれほどなのか悩んでしまいますね。

 

渡辺直美アメリカの家の場所はどこで家賃はいくら?


ニューヨークは世界で最も家賃が高いといわれています。

そんなニューヨークの一体どのあたりの場所で、どのくらいの価格のお家に住まれているのか気になるところですよね!

詳しくみていきましょう。

 

2019年4月~2020年3月に住んでいた家の場所はどこで家賃いくら?

2020年6月。

くすぶっていた人種差別問題が表面化し、ニューヨークで暴動が起きていました。

渡辺直美さんはInstagramのストーリーズで、「暴徒化した抗議には賛成できない」と綴っています。

その際、以前住んでいたマンハッタンのSOHO地区でも被害が起きていることをあげて「本当に悲しくなりました」とコメントされていました。

なので、2019年4月~2020年3月の1年間に住んでいたのは、ニューヨーク市のマンハッタン・SOHO地区にだったと考えられます。

さらにこの家から引っ越す際、「来週もしも引っ越し出来なかったら無駄に家賃払うことになるところだった」と語られていましたので、ここは賃貸だったのでしょうね。

マンハッタンで一人暮らしする時の家賃の相場は、2019年時点で30万円が相場と言われていました。

けれど、渡辺直美さんは番組で「ニューヨークの家は東京よりも全然高い。家賃50万や60万が基本で最低ライン」と話されています。

たぶん渡辺直美さんの外せない条件にあった最低ラインがそうだったのではないかと想像します。

ですので、きっとここの家賃は60万円前後だったのではないでしょうか。

 

2020年3月~現在の住まいの場所はどこで家賃はいくら?

購入マンションのリフォームが住むまでの、現在の住まいはいったいどのあたりでしょうか?

分かっていることは下記の3つです。

  • 購入マンションとは違う地域
  • 目の前がほかのアパート(おそらく住宅が多い場所)

以前住んでいた家に比べたら、部屋としては格段に立派なものなっているはずです(この前の家はボロボロだったそうなので)。

さらに、日本でのレギュラーの仕事をあえて卒業して、ニューヨークで仕事を増やすために引っ越したお家ですので、家賃をアップさせることはあっても下げることはないと思われます。

ですので、家賃は70万円以上はしているのではないかと個人的には思います。

あくまで想像ですが、場所は仕事に便利なマンハッタンを選ばれたのではないでしょうか。

 

2022年以降~は購入した家に引っ越す予定?

テレビなどで何度か話題になっている渡辺直美さんが購入したマンション。

購入自体は2年前(2020年)で、現在はまだ居住しておらず、リフォーム終了予定の来年2022年の引っ越しを計画されているそうです。

渡辺直美さんが過去に出演した番組を調べたところ、下記のようなことが分かりました。

  • ファミリー層が住んでるところ
  • マンハッタンがではなく、東京だとしたら横浜のようなところ
  • (中心地まで)車で20~30分くらいかかる
  • アメリカでローンが組めず現金一括購入
  • 部屋の広さだけで探して、最初に気に入った物件が70億円
  • 購入価格を聞いた出演者がのけぞって驚く「レベルが違う」
  • 築100年

 

購入した家の場所はどこ?

一体、ニューヨークのどのあたりに家を購入したのでしょうか?

中心地まで車で20~30分くらいかかるとのことだったので、

――もしかしてニューヨーク市外?

――ハドソン川を渡ったニュージャージー州もありえる?

と思ったりもしたのですが、最近のYoutube動画でちゃんと「ニューヨークの違う地域に家を買った」と明言されています。

ですので、NY市内であることは間違いありません。

さて、ニューヨーク市は5つの行政地区に分かれており、中心地のマンハッタンのほか、ブロンクス、ブルックリン、クイーンズ、スタテンアイランドから成り立っています。

「マンハッタンが東京だとしたら横浜のようなところ」ということで、マンハッタン以外。

「中心地まで車で20~30分」なので、スタテンアイランドも外れます。

残る選択肢から治安面を考えると、ブルックリン、もしくはクイーンズだと思われます。

ブリックリンは、おしゃれな町として、近年日本人の間でも人気が急上昇している地区です。

マンハッタン寄りのエリアは比較的治安も良いのですが、家賃もマンハッタン並みに高いらしいです。

それだったら、マンハッタンに住んだ方が良い気がします……。

クイーンズは、比較的治安がよく、日本人も多く住んでいる地区。

マンハッタンへ行くのにタクシーを何度も使ってもそれほど高くない、というクイーンズ在住の日本人の意見もありましたので、仕事を考えた上での利便性も良さそうです。

さらに、ファミリー層が住んでるところ発言も考慮すると、よりクイーンズの可能性が高そうですね。

 

購入した家の価格はいくら?

気になる購入金額はいくらだったのでしょうか?

ここからは私、個人の推測です。

一般人の私たちが家を購入する際、よく聞く相場はおおよそ3000万円~6000万円程度です。

もちろん地域、収入レベルなどによって大きく差があるのことですので、あくまで参考として認識していただければと思います。

この金銭感覚を軸として考えた場合、テレビの第一線で活躍されている芸能人の方にとって、住宅を購入で1億円程度は結構ある話なのではないかなと想像します。

水商売である芸能人はローンが組みにくいという話はよく聞きますが、少なくとものけぞって驚く金額でないような気がします。

とはいえ、さすがに70億円はあくまで桁違いの笑い話でしたので、10億円以上ということはなさそうな気がしますが……どうなんでしょう?

他の出演者の方が金額に驚いていたり、現金一括購入だったりというのを考慮すると、3億~5億円くらいだったのではないかなと思います。

 

まとめ


今回は、渡辺直美アメリカの家の間取りは?場所はどこで家賃はいくら?について調査していきました。

きっと2019年にNY生活を始めた時から、「ずっと家賃を払っていくのか」「どこの場所に住むのがいいのか」など、今後のアメリカで活動していくのにどうしたらいいか、あれこれ考えられながら物件選びもされてきたのだと思います。

マンションの購入がいくらなのかについては、まさに渡辺直美さんの意気込みの価格なのでしょう。

先日、Youtuberの瀬戸弘司さんとコラボをされ、そこで今まで購入したYoutube用のカメラがずらっと並べられるシーンがありました。

かなり本格的なカメラもあり、Youtubeへの意欲を語っていました。

頑張りたいことには、どんどん投資していくタイプなのかもしれません。

もしかすると今後の配信などで、素敵なお部屋の間取りの詳細がもっと分かってくるかもしれませんね!