エンタメ

空気階段ネタ作りはどっち?面白いおすすめコントを紹介!

空気階段ネタ作りはどっち?面白いおすすめコントを紹介!
Pocket

今回は空気階段ネタ作りはどっちが担当しているのか?

また、面白いおすすめコントはどれなのかについてご紹介していきます。

空気階段はキングオブコントで歴代最高得点を叩き出し、2021年王者を勝ち取った今大注目のお笑いコンビです。

緻密なコントはまるで舞台の演劇を見ているかのよう!

一見、でこぼこコンビのようにも見えますが、一体どっちがネタ作りを担当しているのでしょうか?

また面白いおすすめコントがないかあれこれ見てみたくはありませんか?

ご紹介していきます。

 

空気階段ネタ作りはどっちが担当?


空気階段は、鈴木もぐらさんと水川かたまりさんの2人のお笑いコンビです。

鈴木もぐらさんは小太りでひげ面、競馬場にいそうなおじさんといった印象。

一方、水川かたまりさんは細身で骨ばった体型と特徴的な鋭い目つき。無口な大学生っぽい雰囲気です。

一見でこぼこコンビですが、だからこその特徴あるキャラクターを生かしたストーリー性あるコントが魅力!

セリフのタイミングがなんとも絶妙で、お笑いでなく普通の演劇を鑑賞しているような気持ちにさせられます。

「緻密に計算されているな」と素人ながらにも感じている人も多いのではないでしょうか?

一体ネタ作りはどちらがされているのでしょう?

キングオブコントでの優勝後に出演されていた番組によると、基本的に台本を書いているのは細身の水川かたまりさんの方だそうです。

とはいっても、初期の頃は水川かたまりさんがネタ作りの担当をしていたものの、最近では二人で話し合って考えるパターンが多いのだとか。

まずは、鈴木もぐらさんも一緒に、キャラクターや設定、「こんなボケをしよう」とアイディア出し。

そして、ある程度の方針が決まったら、それをまとめて形にするのが水川かたまりさんの役割になっているようです。

二人のコントにはポリシーがあり、

  • 「自分たちでなくてもできるようなコントはやらない」
  • 「ハッピーエンドにする。バッドエンドや不潔なものは作らない」

と決めているんだそう。

そのポリシーを聞いてから改めて空気階段のコントを見てみると、確かに見た目も含めた二人のキャラクターが存分に生かされていてます。

コントを見終えた後は、「いっぱい笑わせてもらったな!」という感想しかなく、嫌な後味が残るようなネタは見当たりません。

お笑いに対しての高い理想が垣間見えます。

 

空気階段のコンビ結成のきっかけは?

見た目にはまったく共通点のない二人。

でこぼこコンビだからこそのキャラクター性が生かされたコントが魅力ではありますが、一体何がきっかけでコンビを組むに至ったのでしょうか?

実は二人は吉本総合芸能学院、通称NSCの東京校の同期。

2011年入学の17期出身です。

当時はお笑い氷河期といわれていた時代だったようで、講師に「なんでこんなところ来てるの?」なんて言われたこともあったと、後々のインタビューで語っています。

当初二人はそれぞれ別のコンビを組んでいましたが、入学の翌年2012年に鈴木もぐらさんの方から水川かたまりさんを誘ったのがきっかけでコンビ結成に至りました。

当時、鈴木もぐらさんは水川かたまりさんのことを「暗そうなやつ」と思っていたようですが、コントが好きそうだというところは感じていたんだそうです。

一緒に戦っていく仲間として、仕事に対する情熱は同じくらいのレベルでないとやりにくいですもんね。

見た目はどことなくルーズそうな印象がある鈴木もぐらさんですが、当時からコントに対する思いだけは本物だったんでしょう。

対して水川かたまりさんは、この誘いを断ろうとしていたようです。

でも、鈴木もぐらさん境遇が自分の父親にそっくりで、「気が合いそうだから、とりあえず……」といった形でコンビを組むことにしたんだとか。

そんな父親とそっくりの境遇というのが、

  • 借金だらけ
  • 大阪芸術大学を半年で除籍

というところ。

――んん?

実際に父親そっくりの状況だからといって、あえて誘いに乗るような良い条件とは思えませんが、なにかビビッとくるものがあったのでしょうか?

表情が読み取りにくそうなミステリアスな雰囲気を醸している水川かたまりさんですが、思考回路もどうやら謎が多そうです。

 

空気階段の面白いおすすめコントを紹介!


緻密なストーリー性と、個性が強すぎるキャラクター。

空気階段に嵌ってしまった人は、あれこれほかのコントも見てみたくなったんじゃないでしょうか?

今回は空気階段の面白いおすすめコントを私の独断と偏見でいくつかご紹介いたします!

 

KOC歴代最高得点の火事

やっぱりこれは外せません。

キングオブコントで歴代最高得点486点を叩き出した『火事』。

SMクラブで火事発生!

客として訪れていた二人が出会い、ストーリーが進むにつれて、それぞれの意外過ぎる正体が明かされていきます。

鑑賞後もスカッと爽快な、空気階段らしい最高傑作です。

ただし、設定が設定なだけに二人ともパンツ一丁というテレビ的にかなりギリギリな衣装(衣装?)。

「よくこのコントがテレビで許されたな」との声とともに、「コント中、常に笑っていられる!」とこの上ない称賛が寄せられています。

 

かたまりボケ役もぐらツッコミ役のゆうえんち

普段はボケが鈴木もぐらさん、ツッコミが水川かたまりさんであることが多い空気階段。

しかし、『ゆうえんち』では、ボケとツッコミが珍しく入れ替わっています。

物語の始まりは、ベテラン刑事役の鈴木もぐらさんが、頭脳明晰っぽい雰囲気たっぷりの犯罪者役の水川かたまりさんを事件現場に連れてくるところスタートします。

「犯罪者に事件解決を任せるなど……」と不満たっぷりのもぐら刑事を前に、犯罪者かたまりは圧倒的な知識で事件の謎を紐解いていきます。

少年漫画にありそうな気になるストーリー展開と、役者もできちゃいそうなくらいの演技力に思わず引き込まれてしまいますが、もちろんコントはコント!

意外過ぎる真相が、次々と待ち構えていて爆笑必死です!

 

ねとらぼ人気投票1位クローゼット

さまざまな投票アンケートを行っている「ねとらぼ調査隊」で堂々1位を獲得した人気コントは『クローゼット』。

女性との浮気中に突然本命彼氏が帰宅。

とりあえず身を隠したクローゼットはなんと異空間につながっていました!

まるでナルニア国物語のようなファンタジー設定なのに、クローゼットの異空間で出会ったのはひげ面の変なおじさん。

空気階段らしい味付けがされていて、クローゼットに逃げ込んで以降は最後まで笑いが止まることがありません!

 

まとめ


今回は空気階段ネタ作りはどっちが担当しているのか?

また、面白いおすすめコントはどれなのかについてご紹介していきました。

空気階段のコントは、一見ありえなそうな設定にもかかわらず、「いや、絶対にこういう状況がないっていえるか?」と思わず疑ってしまうような妙な現実感があるところが、クスッとしてしまう面白いポイント!

緩急があるストーリーに引き込まれ、「ネタ作り担当のやつは相当頭が良くて、かなり考えて作っているに違いない!」と感じさせます。

ほかのおすすめコントがないか、あれこれ見てみたくなっちゃいますよね。

キングオブコントの優勝をきっかけに、これからどんどん露出の機会が増えてくるはず。

スカッと笑える軽妙なオチがあるコントに、今後も大注目です!