エンタメ

深田恭子の足細くなった?今と若い頃を画像で比較!

深田恭子の足細くなった?今と若い頃を画像で比較!
Pocket

今回は、足が細くなったと話題になっている深田恭子さんについて、画像で比較しながら調べていきたいと思います。

今も若い頃も変わらない可愛らしさの深田恭子さんは、現在38歳!(2021年9月時点)

幼さもあるキュートな丸顔で、今なお若々しい美しさを保っている女優さんです。

ですが、5月から約3か月間、適応障害のため休業されておりました。

先日9月2日に芸能活動を再開のすると報告があったばかりです。

足が細くなった原因は、体調不良によるものだったのでしょうか?

今と若い頃を、画像で比較していきたいと思います。

 

深田恭子の足が細くなった?


もともと私は深田恭子さんにスレンダーな印象はありません。

どちらかといえばグラマラスな体型ですし、そこに魅力を感じている方も多いのではないでしょうか?

ツイッターでも「ムチムチしてた時の方がかわいい」「豊満ボディが好き」という声が多数あがっています。

「深キョンの脚キレイ」「深田恭子みたいなしなやかな足に近づけるように筋トレ頑張る」と憧れの理想としている人も一人や二人ではありません。

痩せ方によっては老けた印象になることもありますから、むしろ深田恭子さんの程よい肉付きはセールスポイントといってもいいかもしれません。

実際、普段の役どころもヤッターマンのドロンジョやルパンの娘など身体の形がよく分かるセクシーな衣装を着こなしたり、ドキドキするような露出が多いシーンを演じられたり。

舞台挨拶などのイベントでも体型の線に沿ったドレスが多く、水着姿の写真集も数多く出版されています。

でも、だからこそ太った痩せたなどの体型の変化にファンも気付きやすく、つい気になってしまうようです。

今回も、ネットでは「痩せたというより、やつれた?」「病気もあるだろうけれど、過労なんじゃないかな」と数々の心配の声が上がっています。

 

深田恭子の痩せた原因は病気だけ?

復帰を報告された現在でも、ツイッターでは「無理しないで」と気遣う声が数々呟かれています。

ですが、休業直前まではダイエットが成功したのだと考えていた方も少なくなかったようです。

実際のところ、深田恭子さんは過去にさまざまなダイエットに挑戦され、結果痩せたり太ったりを繰り返されています。

有名なところでは、白湯ダイエットや朝バナナダイエットなど。

加圧トレーニング等のほか、趣味でサーフィンもされているそうですから、食事制限だけでなく運動もしっかり取り入れられています。

確かに深田恭子さんのスタイルって、漫画の峰不二子みたいに、ちゃんと筋肉の存在感があるのですよね。

さすが女優さんと言ったところでしょうか。

とは言っても、今回に関しては休業発表前からTwitterでは、「なんだか別人?」「なんか雰囲気変わった気がする」「前の方が好き」と異変が感じ取られていました。

「痩せたと思ったけど、このせい(適応障害)だったのかな」と改めて呟かれている人もいました。

 

深田恭子の今と若い頃を画像で比較!


これは「神様、もう少しだけ」のワンシーン。

15歳の頃の深田恭子さんです。

ほとんど無名にもかかわらず抜擢されたこのドラマで、HIVに感染した女子高生を演じ、注目を集めて話題になりました。

全体的に脚がずんぐりとした印象です。

とはいっても、太っているというよりは、健康的で10代らしい体型と言えますね。

もともとがっちりとした体型なのでしょう。

忙しい芸能活動で生活が不規則なためなのか、役作りもあってなのか、その後の深田恭子さんは痩せたり元に戻ったりを繰り返しています。

実際どれくらい太っていたことがあったのでしょうか?

また、痩せたといわれる現在、どれくらい痩せられたのでしょうか。

画像で比較していきましょう。

 

深田恭子の一番太っていた頃の画像は?


深田恭子さんが一番太っていたといわれる2015年。

年齢でいうと32歳ごろです。

噂では70kgなんて言われていたそうです。

さすがにそこまではなさそうですが、二の腕がかなりふっくらしているのがよくわかります。

この画像では足は見えないものの、体全体ががっちりした印象になっています。

おそらく30代に入って基礎代謝が落ち、肉が落ちにくくなってしまったのかもしれません。

 

深田恭子の休業前の画像は?


膝上がすっきりとしていて、パツッとした衣装ながら太もも部分にも余裕を感じます。

骨ばっていて、少し筋を感じるような?

これまでの柔らかそうな雰囲気とは一転していますね。

相変わらずお美しいのですが、たまたまのシャッタータイミングでしょうか、ツイッターで多くの方が気にされていた通りどことなくやつれて見えます。

 

深田恭子が活動再開した現在の画像は?


公式インスタグラムで、9月に活動再開が報告されました。

復帰を喜ぶ声も多い中、やはり「もっと休んでていいんだよ」という声も。

休業直前までは本当にお忙しかったそうで、一日に18時間お仕事をされていたそうです。

一日は24時間しかないのに……食事や睡眠をとっている余裕もなさそうですね。

ゆっくりゆっくり再スタートをしてほしいと思います。

 

まとめ


今回は、足が細くなったと話題になっている深田恭子さんについて、若い頃から今まで画像で比較をしていきました。

実は私も若いころ適応障害と診断されたことがあります。

社会人になりたての入社一か月にもならない時期から、残業でジェットストリーム(深夜24時から放送のラジオ)を聞きながら帰宅する毎日でした。

しばらく休めば大丈夫と言われていたのですが、なかなか復帰が出来ず、その後診断がうつ病に切り替わり、その時の会社は辞めてしまいました。

お医者さんにも適応障害とうつ病の判断は難しいものなのでしょう。

結局、社会に復帰するのに1~2年かかり、復帰してからもしばらく薬は飲み続けていました。

この薬がまた太りやすいのです!

私は足から肉が付きやすい体質で、急激な体重増加に皮膚が耐えきれず、細くなった今でも肉割れのあとが残っています。

深田恭子さんには、本当に無理だけはしてほしくないと心から願っています。